--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBAのDiversity(多様性)について

2010年07月30日 13:52

ボストン大学でのプレMBAコースが始まってはや2週間が経ちました。コースが4週間なので約半分が終わったことになります。印象としてはあっという間に過ぎていった感じです。ワークロードはそれほど多いわけではないのですが、生活のセットアップ(IKEAで買った机を組み立てる、等)と並行しているとわりと忙しい毎日です。

では本題。プレMBAではディスカッションやグループワークを通じて、また授業の合間や食事に行ったりした際にいろいろと話をします。そこで感じるのは、「話がとてもスムーズに進む」ということです。

前回のエントリーでも書きましたが生徒のバックグラウンドは国籍が日本・タイ・韓国の東アジア各国+他の数か国と、地域に偏りはあるもののインターナショナル、そして出身業種も金融・メーカー・官庁・ITなど様々で、ほとんどのMBAが強調するいわゆる多様性(Diversity)に富んだ環境です。本来であればそこで多様な価値観を持ったメンバーとのコミュニケーションやリーダーシップの取り方を「苦労して」学んでいくということになっています。

しかしながら、私にとっては日本の他の企業で働く友人と話したり、会社の同期と話すよりもむしろ話が早いと感じることが多いです。決して万全とはいえない英語を使ってコミュニケーションしているにも関わらず、今のところはそういう印象を強く持っています。

これは学生の考え方・価値観に「共通の基盤」のようなものがあるからだと思います。国籍・業種は違えど、アメリカのMBAに価値を見出し、大学の価値観に合った(fit)エッセイを提出し、面接で認められて入学を許可される、という何段階にもわたるフィルターを通過してきた人間が集まっているからこそ、全く異なるバックグラウンドを持っているにも関わらず初対面からある程度スムーズにコミュニケーションを取ることができるのでしょう。もちろんMBAの入学選考にあたっては個性(ユニークさ)をアピールすることが重要なのですが、それはあくまでも最低限の価値観の基盤の上での話だということです。例えるなら、iTunes/iPhoneで動くことを最低限の条件とした上で、アプリのユニークさを競っているようなものです。

この価値観の基盤は、この後のMBAプログラムを通じて強化されていくことでしょう。そして卒業した生徒たちは世界各地の様々な業種でリーダー的な役割を果たしていくことになり、その価値観は世界的にビジネスパーソンのコミュニケーションの基盤となっていく。

アメリカのMBAで学ぶメリットの一つは、この価値観を2年間のプログラムを通じて頭と体で身につける(あるいは理解する)ことができるということだと思います。あまり好きな言葉ではないですが、ビジネス界のグローバルスタンダードな価値観を理解していることは、今後、特に国際的なビジネスを行うにあたってはアドバンテージとなります。日本企業は経験に基づいた独自の方法論に基づいた業務の進め方をすることが多いので、このことはなおさら価値を持ってきます。

一方で、当たり前ですが世界はMBAホルダーだけで成り立っているわけではありません。世界の人口の中では、むしろ圧倒的な少数派です。そこにはMBAの共通基盤に当てはまらない無数の考え方や価値観があり、それが実際に力を持っています。

私を含め、ビジネススクールに入学する学生は、MBAがある意味では極めて限定された人間の間でだけ(すんなりと)通じる価値観に基づいたものであることを意識しておく必要があるのだと思います。間違っても、MBAの世界の常識が誰にでも留保なしに通じるものだと勘違いすることがないようにしなければ手痛いしっぺ返しを受けることになりかねない、そんなことを考えていました。

*この記事が気に入ったらクリックを人気ブログランキングへ

留学生活のプロローグ

2010年07月25日 01:00

ボストンに来て半月以上が経過しました。到着時に東海岸を襲っていた熱波(華氏100度=摂氏37度!)は勢いをひそめ、この1週間は過ごしやすい夏の気候になっています。夕立が少し降る日もときどきあります。

私が進学するバブソン大学の2年生MBAプログラムは、8/16週が留学生向けの準備コース、8/23週から全員揃って正式にスタートすることになっていますので、6週間ほど前にボストン入りしたことになります。今回はその期間に何をするのか、がテーマです。

1.プレMBA英語コース(Boston University/CELOP pre-MBA English

MBAへの留学生を対象にしたプレMBAコースです。6週間と4週間のオプションがある中で、私は4週間のコースを取っています。バブソン大学は小規模なせいか自前のものがないので、ボストン大学のコースに参加することにしました。とはいえ、生徒が24人いるうち、ボストン大学に入学するのは1,2名程度で一番人数が多いMITを筆頭に、ノースウェスタン、ダートマス、ウィリアム・アンド・メアリー等に進学する学生が集まっています。バブソンに入学するのは私とタイ人の2名。国籍は半分くらい日本、次がタイ、韓国と続き、他にはチリ、トルクメニスタン、モザンビークなどから集まっています。

コースの内容は、ケースを読んでディスカッションをしたり、グループワーク、プレゼンテーションをしたりと、要は「MBAごっこ」です。留学生がアメリカMBA式授業のスタイルに適応するための準備ができるように構成されています。講師のバックグラウンドは英語教育なので、発音や言い回しについての時間もあります。

朝9時にスタートして休憩を挟んで午後1時前まで。授業以外にはケースを読んだり、グループワークの課題をやったりで、人によるとは思いますが家で概ね2-4時間程度をこれらに充てることになります。もちろん他校に進学する人たちと親交を深める絶好の機会なので一緒に食事にでかけたりすることもしばしばです。

2.バブソン大学からの夏季課題


入学までに会計・経済学・統計・組織論などのちょっとした課題と、科目によってはオンラインでのテストがあります。テストで点数が低かった人や希望者は簡単な補習を本コース開始直前に受けられるようになっています。

私は日本では仕事と渡航準備で全く手をつけられなかったので、これも1と並行してやります。ざっと見たところ、それほどボリュームがあるわけではなさそうです。

組織論は「Startup.com」というベンチャー企業に関する映画を観て設問に意見を書くというような課題もあり、このあたりにバブソンらしさが垣間見えます。

3.生活セットアップ

バブソンの1年目はかなりのワークロードがあるようなので、プログラムが始まる前に生活をしっかり軌道に乗せて、できるだけ時間的な余力を残しておきたいです。

具体的には、住居探し・契約、現地銀行口座の開設、車購入、クレジットカード(ANAカードUSA)の取得、インターネット/電気の使用契約、家具や電化製品の購入、授業料の支払い、携帯電話の購入、現地運転免許の取得などが主なタスクとなります。

一から生活を立ち上げるのはそれなりに大変ですし、こちらもアメリカでのやり方に慣れてないうえに、アメリカはこの手の事務的な作業が日本のようにスムーズにいかないことが多いのでけっこう時間がかかります。もう少し詳しく生活セットアップについて知りたい方は、バブソン大学の先輩方が代々更新してくださっている「入学制向け手引書」をご覧ください。私も何度も読んで参考にさせてもらいました。

これら1~3をこなしつつソーシャライゼーションと称して友人たちと食事をしたり、フェンウェイパークに野球観戦に行ったりしていると、すでに結構忙しい毎日になっていますが、このプロローグ期間は今だけしか経験できないので残り3週間を大切に過ごしていきたいです。

*この記事が気に入ったらクリックを人気ブログランキングへ


最新記事

他のMBA留学生のブログを読むなら…

アゴス・ジャパン_留学生ブログ

もし気に入ったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。