--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし米国IT企業の人材獲得競争を、野球の順位表にしてみたら

2011年06月15日 01:23

これは米topprospect社が発表したシリコンバレー企業の人材移動マップです。(クリックで拡大)

Talent_traffic.gif

矢印が人材移動が多い方向を指していて、中の数字が「矢印の元の会社が1人の社員を相手側の企業から採用するにあたって、何人が矢印の先の企業に移ってるか」を示しています。例えば、FacebookとGoogleの関係だと、FacebookからGoogleに1人移籍する間に、逆方向に15.5人が移籍しているということです。つまり、圧倒的にFacebookに人が流れていることが見て取れます。

ということで、採用超過を勝ちとみなして、対戦成績を野球リーグの順位表風にしてみました。

talent_game.png

やはりキャピタルゲインが狙えるIPO前の企業が強く、苦戦している企業が草刈り場になっているのが明白です。こうやって、優秀な人材が、最もそれを必要としている成長企業に移動し、経済のダイナミクスを支えているのですね。

*記事が気に入った方、他の留学生ブログも読んでみたい方はこちらをクリック人気ブログランキングへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mbanote.blog2.fc2.com/tb.php/92-f22532ff
この記事へのトラックバック


最新記事

他のMBA留学生のブログを読むなら…

アゴス・ジャパン_留学生ブログ

もし気に入ったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。