--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンで学ぶ利点 ~アカデミック・ネットワーク

2011年02月11日 06:36

今週撮った、夕暮れのチャールズ川の写真から。川の向こう岸がハーバード大学のメインキャンパスです。川が凍ってその上に雪が積もってます。見るからに寒々しい…ハリーポッター風に何か出てきそうです。
photo (4)

と思ったら、短パンでジョギングする(たぶん)ハーバードの学生が!
photo (5)
ちなみに気温はマイナス7度、風が強くて体感気温はマイナス19度です。それでも、12月の深夜に全裸でキャンパスを走る伝統を持っている彼らからすると、着てるだけまし、くらいなのかもしれません。

さて、ここまでだと「利点」どころか、誰もボストンになんて留学したくなくなってしまいそうですが、寒さと雪を補って余りある魅力を今回は書きたいと思います。

それは、「ボストンのアカデミック・ネットワーク」です。

ボストンには70を超える大学と、無数の研究機関があります。そして街のサイズがコンパクトで公共交通機関が発達しているので、移動もそれほど大変ではありません。そんな特徴により、自分の大学に留学して学ぶのに加えて、ボストン全体のアカデミックなリソースを有効活用することが可能です。

では、リソースを活用するとは、具体的にどういうことか?私の最近の動きを例としてご紹介します。

まず2月に入って、Asia Business Networking Nightというイベントがありました。これはハーバードビジネススクールと、バブソン大学MBAのアジアビジネスのクラブが共催した、ボストンにあるビジネススクールで学ぶアジア人学生の交流イベントです。MIT、ボストン大学、サフォーク大学、HULT等多くの大学から約100名の参加者があり、情報交換を行いました。
photo (2)
[場所はハーバード大学のイベントルーム]

アジアビジネスクラブ以外でも、MBAの各種クラブ(業界別クラブなど)は、定期的に集まる機会を持っているようです。他校主催のビジネスプランコンペティションなどに参加する学生も珍しくありません。

ボストン日本人研究者交流会という団体のイベントにも、時々参加しています。月例のイベントをはじめ、自分とは異なる様々な分野の専門家の方が、一般向けに分かりやすく発表して下さるのを聞く機会があります。毎回、多くの参加者がいて、イベント後の懇親会で新しい知り合いを見つけることもできます。

それ以外にも、スポットで各種講演を聞くことができます。特にハーバード、MITは、さすがというか、すばらしいスピーカーが講演にやってきます。中には一般参加可能なイベントもあり、私は2月3日のトーマス・フリードマン(『フラット化する世界』の著者)の講演を楽しみにしていたのですが、残念ながら中東情勢が緊迫したことにより、延期になってしまいました。

  

また、今週はボストン開発コミュニティが主催してくださった、世界銀行・Soketで活動されている金平さんの講演にも参加してきました。場所はハーバード・ケネディスクール(HKS:公共政策大学院)です。
photo (3)
[HKSの建物内。左中段に見えるのがJFKの写真や記事]

ほかには、こんないい感じの新年会に参加もしました。それぞれ何かがあってボストンにいる方々なので、興味深い話をたくさん聞けました。(そして寿司が美味しかった)

このように、ボストンでは、本人の意識次第で(←これ大前提)、街全体をリソースとして活用しながら、視野を拡げたり、同じような目的を持って活動している人を見つけることができます。バブソン大学のような小規模校は、小規模ならではの良さもあるのですが、広がりという意味では弱いので、それを補うことができるのは非常にありがたいい環境です。

寒々しい写真が続いたので、最後に夏のボストンの写真を載せておきます。ではまた。
IMG_0038_convert_20101106122606.jpg

*記事が気に入った方、他の留学生ブログも読んでみたい方はこちらをクリック人気ブログランキングへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mbanote.blog2.fc2.com/tb.php/66-40a35b65
この記事へのトラックバック


最新記事

他のMBA留学生のブログを読むなら…

アゴス・ジャパン_留学生ブログ

もし気に入ったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。