--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書『ブルー・セーター――引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語』

2010年05月11日 08:41

以前の記事で書いたジャクリーン・ノボグラッツの著書『ブルー・セーター――引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語』を読了。

社会起業家である彼女の半生と、無力と思われがちな途上国の人々(主に女性)が、機会を与えられれば成功し、社会をの発展に貢献していけるのだ、という信念を綴った本。

彼女は大学卒業後、チェースマンハッタン銀行に就職、順調に過ごしていたがその後、世の中を変える仕事をするためにアフリカに渡り、国際機関などの職員として、挫折を味わいながらも、いくつかの成功事例を作ります。そしてルワンダでは現地のベーカリーのビジネスを支援して成功を収めるのですが、アメリカに帰国後、あの大虐殺が起こります。その後、様々な教訓や思いを胸に、アキュメン・ファンドという、途上国の成長を支援する投資ファンドを立ち上げ、現在に至ります。

私は大学で開発学を勉強していたころから、援助ではなく、ビジネスの力で途上国の生活を改善できないだろうかという問題意識を持っていました。当時、そのような声はまだ主流ではなく、マイクロクレジット(その後、ムハマド・ユヌスのノーベル賞受賞で世界に知られる)の事例が語られ始めた頃でした。

そして現在。ビジネスと社会貢献の境目がどんどん曖昧になって、両者を融合させようという動きが盛んです。その合間にいるものには、BOP(Bottom of Pyramid)ビジネス、マイケル・ポーターの戦略的CSR、社会起業(Social Entrepreneurship/Business)、そしてアキュメン・ファンドなど様々で、隔世の感があります。

『ブルーセーター』は理論の本ではなくカラフルな物語で、読み物としても面白いので、これからMBAでSocial Entrepreneurshipを学んだり、この分野に興味がある方には入門書としてもお薦めです。そしてなにより彼女のエネルギッシュさが刺激的です!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mbanote.blog2.fc2.com/tb.php/5-7e9ba26f
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    他のMBA留学生のブログを読むなら…

    アゴス・ジャパン_留学生ブログ

    もし気に入ったらクリックお願いします↓

    人気ブログランキングへ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。