--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオブックで英語リスニング強化と読書を両立

2010年10月20日 14:51

英語力を大きくリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つに分けるとします。MBAの授業が開始して、何が一番困るかというとリスニング力が不足していることです。

リーディングやライティングの力不足は、限度はあるけれども、時間をかければある程度カバーできます。また、スピーキングもできないと困るのですが、そもそもきちんと聞き取れていないと、話す内容を考えるところまで行けません。そういう意味で、リスニング力不足が一番致命的だと思います。

MBAを受験されている方が受験されているTOEFLでいうと、ほぼ満点くらいないと、授業での議論についていくのが難しいというのが、ここまで授業を受けての肌感覚です。参考までに私のケースを(恥を忍んで)紹介すると、1年前の時点で30点中27-28点くらいでしたが、授業やグループワークでは結構苦労しています。これから受験・入学される方は、ぜひ事前のトレーニングを頑張ることをおすすめします。折角の(知的に)面白い話を聞き逃すのはもったいないですからね。

さて、そんな私がリスニング力強化の一環で行っているのが、オーディオブックを聴くことです。オーディオブックとは、市販の本の朗読を録音したものです。日本ではあまり普及していませんが、アメリカでははるかにメジャーなようです。その理由と思われるのが、車での移動、特に通勤が多いということです。運転中に読書はできませんが、空いている耳を使って本を読むというわけです。

私も自宅から大学のキャンパスまで片道20-25分かかるので、往復40-50分をオーディオブックを聴きながら運転しています。リスニングも強化できますし、MBAでは課題のリーディングだけで手一杯でそれ以外の本を読む時間を確保するのが難しくなりがちなので、少しでも課題以外の読書量を増やすという目的にもかなっています。

オーディオブックは、アマゾンなどの書店で購入してもいいのですが、Audible.comというサイトからダウンロードする形で購入すると、より安く手に入ることが多いです。月額14.95ドルで毎月1作品が購入できる(もちろん+αで購入可)契約をはじめとして、いくつかのプランがあります。継続的に聴くペースができたならお薦めです。

日本で英語を勉強している方も、TOEICで700-800点くらいあるなら、通勤時にオーディオブックを検討してみてはいかかでしょうか?通常の英語教材は内容がつまらなくて、いかにも英語の勉強となってしまいがちですが、オーディオブックなら読書として楽しみながら勉強ができます。しかも、本を持てないような混雑した路線の方でも、読書しながら通勤できます。

弱点は、本を買わないと聞き取れない部分の確認ができないことです。逆に、通勤電車で、オーディオブックと本を両方買って、片手で本の記述を追いながら、iPod等でオーディオブックを聴くという勉強法もあるでしょう。

英語の勉強がつまらない、という方はぜひお試しください。

[Delivering Happiness: A Path to Profits, Passion, and Purpose (Tony Hsieh)]

今、私が聞いている、靴の通販会社Zappos.com(現アマゾン子会社)創業者の本です。Zapposは顧客志向の経営で有名です。内容がシンプルで、英語もそれほど難しくないので、通勤リスニング向けだと思います。内容がポジティブなのも朝一で聴くにはもってこいです。

*この記事が気に入ったらクリックを人気ブログランキングへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mbanote.blog2.fc2.com/tb.php/41-7ba83994
この記事へのトラックバック


最新記事

他のMBA留学生のブログを読むなら…

アゴス・ジャパン_留学生ブログ

もし気に入ったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。