--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のMBA映画

2010年09月19日 12:00

MBA留学中の方は秋の息抜きに、日本の方は日本公開を少し先取りということで、独断で「MBAっぽい」と認定した新作映画をご紹介します。

まずは、『The Town』。

いきなりで申し訳ないですが、MBAというより、ただボストンに関係ある映画です。予告編の通り、銀行強盗もので、「ボストンでは毎年300件の銀行強盗が起こっていて、その実行犯のほとんどがCharlestown(というケンブリッジの東にある地域の)出身」という衝撃的なナレーションで始まります。ただ、Wikipedia(US)によると、少なくとも、現在はボストン/マサチューセッツ州で銀行強盗が特別多いわけではなく、カリフォルニア州などと比べると少ないとのこと。このあたりの事実関係はよく分からないです。僕の印象では、ボストンの体感治安はむしろかなりいい感じです。

今日、まさに予告編でも出てくるフェンウェイパークの近所の映画館で観てきました。ボストンが舞台になっているので、住んでいる人、訪れる予定がある人は一度観てみてもよいかもしれません。


次が『ソーシャル・ネットワーク』。

ご存知フェースブックの創業を描いた映画です。ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグが、友人と立ち上げた交流サイトが、5億人のユーザーを抱える巨大サービスに成長する様を、デビッド・フィンチャー監督が描きます。僕は、彼の『セブン』『ファイトクラブ』『ベンジャミンバトン』は全て観ていて、わりと好きな監督です。米国公開は10月1日、日本公開は来年1月予定。映画でベンチャーの成長を追いながら、アントレプレナーシップやリーダーシップ論に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?


最後に『WALL STREET ~MONEY NEVER SLEEPS』。

1987年に今回と同じオリバー・ストーン監督でつくられた『WALL STREET』という映画の続編。マイケル・ダグラスは前回に続いて大物投資家役で出演です。僕は前作を観ていないので、早めに予習して観に行くつもり。米国は9月24日公開、日本公開は未定のようです。MBA在学中で忙しい人も、ケースを1本読む感覚で、映画で息抜きしてみては?


2008年のリーマンショックで映画産業への資金供給が途絶えてしまって、それ以降の企画が次々と中止・縮小に追い込まれたと聞いたことがありますが、今公開している映画はまだ滑り込みセーフのグループなんでしょうか?それとも厳しい審査を勝ち残ってきた作品なんでしょうか?エンタメ業界事情に詳しい方にお聞きしたいところです。

いずれにせよ、なかなか面白そうな映画が揃っていて楽しみです。米国は映画料金も10ドル前後で日本より安いので助かります。それにしても日本はなぜ映画料金があんなに(基本1800円)高いんでしょうね。配給会社がそれほど大儲けしているようにも思えないのですが。

*この記事が気に入ったらクリックを人気ブログランキングへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mbanote.blog2.fc2.com/tb.php/34-0cea4294
この記事へのトラックバック


最新記事

他のMBA留学生のブログを読むなら…

アゴス・ジャパン_留学生ブログ

もし気に入ったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。