--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月までの計は元旦にあり

2012年01月02日 12:08

IMG_2344.jpg
(正月に近所をウォーキングした時の写真。暖かい元旦でした。)

あけましておめでとうございます。激動の2011年が去り、2012年が始まりました。

私にとって今年は2年間の留学を終えて、ビジネスの現場に復帰する年となります。卒業式が5月中旬なので、それまでの4ヶ月半が恐らく人生最後のフルタイム学生生活となります。

「1年の計は元旦にあり」と言いますが、恥ずかしながら私はこれまでの人生で、元旦に立てた計画を胸に1年を過ごしたためしがありません。私の忘れっぽさも一因だと思いますが、それ以上に、このスピード感溢れ変化の激しい現代社会において、そもそもそんなに先の事を考えるのは難しいのではないかと感じています。もちろん長期的な目標の大事さは否定しませんが、私にとって1年というのはどうも長期としては短く、短期には長い、取扱い辛い期間という印象です。

その点、今年は4ヶ月半という程良い短期的な区切りがあるので、元旦の計はそこをターゲットにしました。

1.英語力強化ラストスパート
留学を通じて英語の運用力は確かに上がりましたが、持っている英語力を運用する力の向上によるところが大きいと感じています。言い換えると、要領が良くなっただけな気がしています。残り期間では、もう一度きちっと土台の強化に努めます。

2.各分野の総まとめ
ファイナンス、マーケティング、戦略論、組織論…と様々な分野を1年半かけて学んできました。詰込み型教育で多くを学んできた一方、自分の腹に落ちていない分野もあります。MBAの限られた時間で学べる深さに限界はありますが、まずはここまでの学びを整理し直し、消化します。

3.イノベーション、コーポレート・アントレプレナーシップ
教授の指導の下、自主研究で深堀します。MBAでの学びをT字型で表現すると、垂直方向がこれ。

4.体作り
アメリカの車社会と勉強の多忙を言い訳に、カラダ年齢がここ2年で急上昇してしまいました。これを卒業までに、MBA受験勉強開始前の状態に戻します。再び自転車レースに出られる状態にするには先が長い…。

その他、大量読書、Evernoteの外部脳化、IT系知識キャッチアップ、アメリカ国内旅行など。全体としては、クロージングに向けて1日1日丁寧に過ごしていきたいと思っています。しかし、2年間は予想通り早かった。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mbanote.blog2.fc2.com/tb.php/124-370584c3
この記事へのトラックバック


最新記事

他のMBA留学生のブログを読むなら…

アゴス・ジャパン_留学生ブログ

もし気に入ったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。