--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国スターバックスで始まった携帯支払サービスを試してみました

2011年01月29日 12:08

スターバックスが先週(1/19)からモバイル支払を始めたと聞いたので、試してきました。対象となるのは、iPhoneとBlackBerryです。

まずは、下の動画で紹介されているStarbucks Card Mobile Appというソフトをダウンロードします。


学校帰りにある郊外型店舗。外観としてはややしょぼいタイプ。大雪が数時間後に迫る中、店内は満員でした。ロゴは今まで通りですね。話題の新ロゴにはいつから変わるのでしょうか。
IMG_0642_convert_20110129115009.jpg

今回はスターバックスカードを購入して、そこからチャージします。
IMG_0636_convert_20110129114842.jpg

シックな(?)カードを選択。
IMG_0626_convert_20110129114646.jpg

裏面には、見えているカード番号と、スクラッチで隠れているコードの2つの番号があります。
IMG_0627x_convert_20110129114705_convert_20110129131123.jpg

それぞれをアプリに入力すると…
IMG_0628.png

チャージされました。今回は20ドル。
IMG_0630.png

そこまで準備して、再びレジへ。
IMG_0637_convert_20110129114901.jpg

注文(グランデ・コーヒー)を伝えた後に、アプリでバーコードを表示します。
IMG_0634y.png

店員のお姉さんに「これで払えますかー?」と聞くと、意外と戸惑うことなくOKの返事が返ってきました。レジに置いてあるこの機械でバーコードを読み取ります。お姉さんがこの機械を持って、僕が携帯画面をそこに近づけて、の共同作業です。割とすぐに読み取った気がしますが、「ピッ」という音がしなかったので、こちらからはいつ読み取ったのか分かりませんでした。
IMG_0635_convert_20110129114725.jpg

無事にコーヒー購入完了。後ろにPCが映っていますが、アメリカのスタバはWifi完備なので勉強場所やオフィス代わりに使えますし、実際そういう人も多いです。
IMG_0639_convert_20110129114929_20110129120748.jpg

今回はプラスチックカードからチャージしましたが、アプリでクレジットカードやPayPalからのチャージも可能です。
iphone

と、ここまで書いてきたのですが、日本の「おサイフケータイ」のようなICチップ型ではなく、バーコード読み取りというのが、実用面では問題ないのですが、日本人には少々古臭く感じてしまいますね。

また、日本と比べると、アメリカではこのサービスのメリットは限定的だと思われます。日本は現金文化なので、おサイフケータイでの支払いによって小銭の受け渡しがなくなって、レジ精算がスピーディーになると共に、お客さんも小銭が増えずに済むので、両者にメリットがありました。

しかしながら、アメリカでは、元々多くの人が少額でもクレジットカードやデビットカードで決済するので、そういった面でのメリットは少ないです。また、日本で電子マネーの導入効果としてよく語られる、「現金に比べて、財布の紐が緩み易い→客単価アップ」という店側のメリットも同じ理由で少ないでしょう。そう考えると、従来から力を入れてきたマーケティングツールとしてのカード戦略の一環と捉えるのが正しいのかもしれません。

そんなスターバックスのIT戦略を指揮するCIOのスティーブン・ジレット氏は、「身長・190cm、年齢・32歳(2009年当時)、MBA取得者であり、スポーツマンであり、そして“ネット・オタク”」という異色のプロフィールです。今学期から始まったITマネジメントの授業でも、彼の記事が参考文献に入っていました。なかなか面白いので、一読をお勧めします。(記事[日本語]

*記事が気に入った方、他の留学生ブログも読んでみたい方はこちらをクリック人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


最新記事

他のMBA留学生のブログを読むなら…

アゴス・ジャパン_留学生ブログ

もし気に入ったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。